JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


アカデミック・アドベンチャー 2017

2017.04.01-2018.03.31
ACADEMIA

小・中学生の皆さまへ

 アカデミック・アドベンチャーでは、IMTボランティアの大学生が「インターメディエイト」(=媒介者)として、皆さんのアドベンチャーの案内役を務めます。IMTボランティアは、東京近郊のさまざまな大学に所属し、それぞれの専門分野の勉学や研究を行いながら、JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」の活動をお手伝いしています。
 私たちIMTボランティアがアドベンチャーの内容をご紹介いたします。


横山喜己(武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻日本画コース2年)
美術館や博物館と聞くと、文化的で少し難しい場所だと考える人が多いかもしれません。インターメディアテクに来てくれた小中学生には、そんな印象を取り払って、インターメディアテクというミュージアムを身近に感じながら楽しんでもらおうと考えています。アカデミック・アドベンチャーでは、はじめに展示物の見方についてアドバイスをします。それは、展示物の横に貼られているキャプション(文字情報)を読まずに、物自体を観察して想像をふくらませること、物を観るときに「観察」と「自分の考えや想像を大切にする」ことを体験してほしいからです。最近、私がアカデミック・アドベンチャーでとりあげているのは100年ほど前に東京大学理学部で使われていたエレベーターです。観察やクイズを経て、現在使われているエレベーターと何が違うのか、歴史あるものの魅力と、今までとこれからの生活の移り変わりを皆さんといっしょに考えていきます。

磯部翠(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科理学専攻物理科学コース 博士後期課程1年)
アカデミック・アドベンチャーでは、皆さんに「自分の目で見て、よく考える」ようにお願いしています。展示物に関する情報はいつでもどこでもインターネットで調べたらすぐに得られる時代ですが、展示物を目の前にしてじっくり観察し、考える経験はその時、その場でしか得られないものです。私のアドベンチャーでは、皆さんは展示物の観察を足がかりにして対話をし、その展示物をめぐって私の視点から考えたことを共有したいと思います。見て明らかなこと、考えてみれば当たり前のことも、言葉にしてみるとまた違った発見に繋がることがあります。グループでの対話を通して、ミュージアムの楽しみかたを広げる機会となります。

一覧に戻る