JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


寺田 鮎美

研究部門

インターメディアテク寄付研究部門特任准教授/文化政策・博物館論

略歴
2003年3月、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻文化経営学専門
分野修士課程修了。
2008年3月、政策研究大学院大学文化政策プログラム修士課程修了。
2011年3月、政策研究大学院大学政策研究科公共政策プログラム博士課程修了、
博士(文化政策研究)。
2007年5月-2008年3月、東京大学総合研究博物館ミュージアム・テクノロジー研究部門
リサーチフェロー。
2008年4月-9月、同特任研究員。2008年10月-2009年3月、同特任助教。
2009年4月-2011年3月、日本学術振興会特別研究員(DC2)。
2011年7月より現職。

研究テーマ
1)ミュージアムの社会的存在意義に関する理論的検討
 ミュージアムの活動は常に社会と結びついている。したがって、ミュージアムの社会的存在意義とは不変ではなく、時代や社会状況によって変化していくものであると考えられる。ミュージアムを外表的な容れものとしてではなく、自らが活動する主体として捉え直し、特に先進的な実験施設としての役割を担う「大学博物館」というカテゴリーに着目した比較研究を行う。多様かつ多層な価値を有するミュージアムに関する歴史的・哲学的考察を深化させ、その今日における存在意義の再定義に取り組む。
2)ミュージアムの公共的役割の推進に寄与する評価論および運営論の検討
 ミュージアムとは、人類の様々な記憶が刻まれたモノを集積し、それらをあらゆる人が利用可能なものとする文化的装置としての公共的役割を担っている。ミュージアムが存在し、活動を継続していくためには、その公共的役割を推進し、多くの人の理解と支援を得ることが求められる。そのために、ミュージアムは絶えず自己の活動を評価し、その結果を開示・説明し、将来の活動に反映させていかなければならない。様々な利用者のニーズや価値意識に照らしたミュージアムの社会的評価を適切に行い、それに基づく長期的な視点に立ったミュージアム運営を行っていくための戦略を描き出し、ミュージアムと社会との緊密な関係を構築していくことを研究課題とする。ミュージアム評価論および運営論における実践と理論化の循環構造の実現を図りたい。
3)次世代ミュージアム・モデルの構築とその導入に向けた文化政策的課題の検討
 次世代ミュージアムのあり方を具体的に提示してみせる「インターメディアテク」や「モバイルミュージアム」の様々なプロジェクトへの参画を通じ、コレクションの高度利活用、空間デザイン、利用者コミュニケーション等に関する次世代ミュージアム・モデルの構築に寄与することを目指す。個々の学術標本や展示空間にこれまでにない創造的な価値を付与する意欲的な展覧会やパフォーミング・アーツとのコラボレーション・イヴェント等の企画立案やその社会的意味の検証により、ミュージアムの活動の新たな展開可能性を実践的に提起したい。さらに、文化政策研究としての観点から、これら先進事例に基づく次世代ミュージアム・モデルの条件整備の一般化を試みるとともに、その導入・普及のための制度設計を行い、モデルの有効活用を図るための政策的課題を明らかにしていく。ミュージアムの発展とそれを通じた人々の文化的享受と創造に貢献する研究となることを目標とする。

研究論文
「来館者調査の意義と課題――博物館評価の現状から」、『日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要』第13号、日本ミュージアム・マネージメント学会、2009年3月、51-56頁。
垣内恵美子・奥山忠裕・寺田鮎美「美術館を対象とした市民の便益評価――倉敷市大原美術館を事例に」、
『都市計画論文集』第44巻第3号、日本都市計画学会、2009年10月、403-408頁。
「収蔵品の流動化による次世代型博物館モデルの検証――東京大学総合研究博物館『モバイルミュージアム』プロジェクト評価中間報告」、『文化経済学』第7巻第1号、文化経済学会、2010年3月、63-73頁。

展示関連活動
事業評価担当、モバイルミュージアム(興和不動産株式会社との産学連携事業)、於赤坂インターシティ、2007年7月-。
展示評価担当、海外モバイルミュージアム『異星の踏査@清華大学』、於清華大学(北京)、2008年5月15日-21日。
コーディネーター、インターメディアテク(IMT)プレイベント演劇公演2010『TU NON MI CONOSCI(あなたは私を知らない)』、於小石川分館、公演日2010年3月7日。
企画協力および展覧会運営担当、インターメディアテク(IMT)プレイベント特別展示『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』、於小石川分館、会期2010年11月6日-12月5日。
事業評価担当、スクール・モバイルミュージアム『火星展』、於文京区立湯島小学校、2011年5月-。
企画協力および展覧会運営担当、インターメディアテク(IMT)プレイベント特別展示『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』、於小石川分館、会期2010年11月6日-12月5日。
事業評価担当、スクール・モバイルミュージアム『火星展』、於文京区立湯島小学校、2011年5月-。

組織紹介に戻る