JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク


松原 始

研究部門

インターメディアテク寄付研究部門特任准教授/動物行動学

経歴
1995年 京都大学理学部卒業
1997年 同大学院理学研究科修士課程修了
2003年 同大学院理学研究科後期博士課程修了、理学博士(京都大学)

研究内容
ハシブトガラスおよびハシボソガラスの生態、行動、進化

研究業績
原著論文等
好廣眞一・大竹勝・座馬耕一郎・半谷吾郎・松原始・谷村寧昭・久保律子・松嶋可奈・早川祥子・小島孝敏・平野晃史・高畑由起夫(1998 )屋久島東部ヤクスギ林帯におけるヤクシマザルの分布と糞分析による食性の調査.霊長類研究 14 (3): 179-186.

Yoshihiro S, Furuichi T, Manda M, Ohkubo N, Kinoshita M, Agetsuma N, Azuma S, Matsubara H, Sugiura H, Hill D, Kido E, Kubo R, Matsushima K, Nakajima K, Sprague D, Tanaka T, Tsukahara T & Takahata Y. (1998 ) The distribution of wild Yakushima macaque (Macaca fuscata yakui) troops around the coast of Yakushima Island, Japan. 霊長類研究 14(3): 187-198.

Yoshihiro S, Ohtake M, Matsubara H, Zamma K, Han'ya G, Tanimura Y, Kubota H, Kubo R, Arakane T, Hirata T, Furukawa M, Sato A & Takahata Y (1999) Vertical distribution of wild Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui) in the western area of Yakushima Island, Japan: Preliminary Report. Primates 40(2):409-415.

Hanya G, Yoshihiro S, Zamma K, Matsubara H, Ohtake M, Kubo R, Noma N, Agetsuma N & Takahata Y (2004) Environmental determinants of the altitudinal variations in relative group densities of the Japanese macaques on Yakushima. Ecological Research 19: 485-493.

Hamao S & Matsubara H (2001) The first breeding record of the Bush Warbler Cettia diphone on a flooded bed. 日本鳥学会誌 50:85-89.

濱尾章二・松原始・梶田学・三田村あまね (2001)ウグイスの雄による巣立ちビナへの給餌. Strix 19:187-189.

松原始 (2003) ゴミステーションへのネットかけがハシブトガラスの行動圏および繁殖成功に及ぼす影響. Strix 21:207-213.

Matsubara, H. (2003)Comparative study of territory structure and habitat use in syntopic corvids, the Jungle Crow (Corvus macrorhynchos) and the Carrion Crow (C. corone). Ornithological Science 2:103-112.  

山岸哲、松原始、平松山治、江崎保男 2009. チドリ類3種の共存を可能にしている河川物理、洪水にともなう砂礫の分級 応用生態工学


著書
松原始(1999)「とうきょうのカラスをどうすべきか」をどうすべきか.川内博・松田道生(編)「とうきょうのカラスをどうすべきか」シンポジウム報告書(1):67-76.日本野鳥の会東京支部、東京

松原始(1999)京都市内におけるハシブトガラスとハシボソガラスの比較.川内博・松田道生(編)「とうきょうのカラスをどうすべきか」シンポジウム報告書(2):74-77.日本野鳥の会東京支部、東京

山岸哲、松原始、平松山治 (2003) 「木津川河川生態学術調査研究地における鳥類の生態学的研究」. 河川生態学術調査研究グループ(編)「木津川の総合研究—京田辺地区を中心としてー」pp.569-614. リバーフロント整備センター、東京

松原始(2007)保全鳥類学における人間の「心」 山岸哲(編)「保全鳥類学」pp.351-374.京都大学学術出版会、京都

「鳥学大全」秋篠宮文仁・西野嘉章(編)(2008) 東京大学出版会、東京

「カラスの教科書」(2012) 松原始 雷鳥社、東京

展示
「日本鳥学会の百年」 東京大学総合研究博物館、2012

組織紹介に戻る